生活路線バスとの乗り継ぎ拠点~赤名駅~【9月13日】

今回は、「赤来高原」での実証実験のポイントでもある生活路線バスとの乗り継ぎ拠点の「赤名駅」についてご紹介します。


この「赤名駅」には、待機所の小さな建物があり、かつて国鉄のバスが運行していた時代からあるそうです。

この駅舎には、いつも管理をされている地元の方がいらっしゃって、先日お伺いした際には、並行する松江自動車道が整備される以前に運行していた国道54号を走る高速バスについての当時の新聞や写真を見せてもらいました!




(お話を伺いに行くといつもお茶やお菓子、ヤクルトを出してくれて、楽しいお話をしてくれます!)


先日は、その管理人さんに自動運転サービスの利用者登録をして頂き、一緒に自動運転に乗車してくれました!

「風が心地よい」「楽しかった!今度は友達を誘って一緒に乗ってみよう」とかなり高評価でとてもうれしかったです!


おばあちゃんに会いに、よく町の方が赤名駅に来て雑談しては帰っていきます。

飯南町の看板おばあちゃんは赤名駅にいるので是非一度会いに行ってみてください!


【赤名駅での乗換の案内】

自動運転サービス《赤名宿ルート》の下記の便が「赤名駅」での生活路線バスの乗換に適しています。

 第2便【赤名駅:11:34発】

 第4便【赤名駅:12:59発】

 第8便【赤名駅:16:19発】


生活路線バス等との乗換にも自動運転サービスをご利用ください。

48回の閲覧