赤名宿ルート【9月27日】

9月最後の日曜日。今日も多くのみなさまにご利用いただきました。

今回の長期実証実験では、「赤名宿ルート」と「りんご園ルート」の2つのルートを運行しています。

今日は、実証実験のメインルートである「赤名宿ルート」のまめ知識をちょっとだけご紹介します。

赤名地区の連坦地を巡る「赤名宿ルート」ですが、道路がくねくねと蛇行していたり、連坦地の家々の間に小道があったりします。



 なぜ、このようになっているか、ご存じでしょうか。

 昔、赤名地区は、大火に遭い、多くの家屋が全焼してしまったそうです。

 その教訓から、火災が発生した際、延焼を防ぐために、家々の間に小道を設けたり、くねくねと蛇行した道路となっていたりするのだそうです。

 自動運転車両は時速12㎞程度で走ります。

ゆっくりと赤名地区の街並みを眺めながら移動できるのも、自動運転の新たな魅力かもしれません。

28回の閲覧